×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Home (観石万歩:三角点を訪ねて)  
西国・新西国 札所巡り
西国三十三ヵ所 新西国霊場
日本で最も歴史がある巡礼行。三十三とは観音菩薩が衆生を救うとき33の姿に変化するという信仰に由来し、西国三十三所の観音菩薩を巡礼参拝すると、現世で犯した罪業が消滅し、極楽往生できるとされる。     1932年(昭和7年)に大阪時事新報、神戸新聞、京都日日新聞の三都新聞連合の企画により読者の人気投票に基づいて選定された33箇所の観音霊場に、1967年(昭和42年)客番5霊場を加えて38箇所となった。
        全札所のマップ
  西国三十三ヵ所と新西国霊場の全札所を GoogleMap にポイントした。ズームインすると各札所の建物配置などがよく判る。